<九州自動車道>自転車で疾走1.5キロ…大学生が誤進入(毎日新聞)

 28日午後1時40分ごろ、九州自動車道の八幡IC(北九州市八幡西区)付近の上り線を自転車で走っている人がいる、と110番があった。西日本高速道路の巡回車が、ICから約1.5キロの地点で自転車をこぐ男性を発見。男性は近くの小倉南IC(同市小倉南区)まで自転車ごと車で連れられ、福岡県警高速道路交通警察隊の厳重注意を受けた。男性にけがはなかった。

 高速隊によると、男性は佐賀県在住の大学2年生。友人宅に向かうため佐賀を出発し、27日は福岡市に宿泊した。28日に友人のいる小倉へ向かいサイクリングをしていたが、八幡ICに接続する国道200号を走っていたところ、IC入り口の発券所脇の歩道を通って誤って九州道に進入したらしい。通行する車が驚いて通報した。

 男性は「全然気付かなかった」と反省しきりだったという。高速隊は「本当に危険。脇目もふらずにこいでいたとしても、十分注意してほしい」とおかんむりだった。【河津啓介】

【関連ニュース】
【逆走の惨事】山口・岩国の山陽道逆走:82歳がUターンし8キロ、死亡
【他の乗り物の誤進入】大阪・長堀鶴見緑地線不通:誤進入車運転指令、トラブル認識は停止後
【他の乗り物の誤進入】気象庁:気圧データを誤入力 1機着陸やり直し−−松本空港
【時代の風】高速道路のあり方=東京大教授・坂村健 環境保護にETC活用を
【イラストと図表で解説】どうなる? 高速道路 全国にのびる約1万キロ

子ども手当法案成立へ “2つの欠陥”置き去りのまま…(産経新聞)
主力工場の業務停止処分でお詫びのコメント、再発防止策を徹底―大洋薬品(医療介護CBニュース)
「たまゆら」の悲劇防げ―NPOが地域密着の高齢者介護施設を提案(医療介護CBニュース)
国松警察庁長官銃撃事件の時効成立(読売新聞)
恋人たちも富士山も赤い糸で 巨大招き猫が“世界遺産”後押し(産経新聞)
[PR]
by j1ifsnhprj | 2010-03-30 01:58