<ウナギ>完全養殖に成功した仔魚を初公開 三重・南伊勢(毎日新聞)

 独立行政法人「水産総合研究センター」(横浜市)は12日、世界で初めて「完全養殖」に成功したウナギの仔魚(しぎょ)を三重県南伊勢町の養殖研究所で報道陣に初公開した。

 卵から育てたニホンウナギから採取した精子と卵子を使い、2世代目のウナギを人工ふ化させた。地元の海水を使った九つの半円形のアクリル水槽で泳いでいたのは仔魚約600匹。3.6ミリで生まれた体長は約7ミリ。サメの卵で作った液体状の餌を与えている。

 志布志栽培漁業センター(鹿児島県志布志市)で3月27日にふ化した約2000匹を養殖研究所で飼育したが、既に約7割が死んだ。しかし、自然界でも数十万個の卵から成魚になるのは数匹といい、同研究所での生存率は高いという。

 同研究所繁殖研究グループの田中秀樹グループ長(52)は「10年以内に大量化に成功したい」と話す。【木村文彦】

【関連ニュース】
密漁:シラスウナギを 容疑で県臨時職員らを逮捕 /高知

鳥取市長選、竹内功氏の3選確実(読売新聞)
「国家公務員の働きに感謝」新人キャリアに首相訓辞(産経新聞)
普天間「5月決着」絶望的、実務協議断念へ(読売新聞)
延伸滑走路の供用開始=新ターミナルビルも−徳島空港(時事通信)
「介護サービスの体制整備を」43%、5年で約10ポイント増―内閣府調査(医療介護CBニュース)
[PR]
by j1ifsnhprj | 2010-04-14 12:29