【ネット選挙〜現場報告】

 夏の参院選千葉選挙区(改選数3)には9人が立候補を予定している。それぞれの立候補予定者はインターネット上にホームページやブログを開設。連日、更新しながら選挙活動を行っている。

 民主の道あゆみ氏は、公式ブログ「今日のあゆみ」で街頭演説などの活動を報告。「今日の〜」というタイトルだが、4月17日から更新されたのは4回ほど。一方、ツイッターでは携帯電話などから1日数回はつぶやいて活用しているが、選挙期間中のツイッター更新は自粛される見通しでネット戦略も微妙な影響が出てきそうだ。

 動画投稿サイトのユーチューブ(YouTube)で「コニタンチャンネル」を公開しているのは民主の小西洋之氏。街頭演説の様子などを動画で紹介しているほか、活動ブログやツイッター「コニタンなう」も頻繁に更新するなど幅広くネットを活用する。

 自民の椎名一保氏は、7年前から公式HPに国政報告「しいなPEPORT」を随時掲載しており、5月末までに計57本をアップしている。ただ、現状ではブログやツイッターは利用しておらず、ネット活用よりも従来の選挙戦術に重点を置いているとみられる。

 自民の猪口邦子氏は、昨年末からツイッターに参入。1月の公認決定後も精力的にツイッターによる発信を続けてきたが、なぜか5月17日以降は更新が停止している状態。無党派層の支持が頼りの候補者だけに、今後、ネット上でのアピール戦術が注目される。

 共産の斎藤和子氏は、日々の活動内容を記したブログをほぼ毎日更新し、県内各地を精力的に飛び回っている様子がうかがえる。

 みんなの党の水野賢一氏は4月17日にブログを開設。その4日後には同党から出馬要請があったことをブログで報告した。以前は「更新が億劫で…」とブログに対して気が引けていたという水野氏だが、デビュー後はほぼ毎日更新している。

 新党改革の西尾憲一氏は、28日現在、公式HPにアクセスできない。

 日本創新党の清水哲氏は、印西市議時代から続けているブログ「あいラブ北総」を、「ゼロからの挑戦」とタイトルを変えて国政への思いをつづっている。

 幸福実現党の牧野正彦氏は、ブログでの「活動ニュース」とユーチューブによる動画公開を精力的に行っている。

 ネット選挙の解禁で与野党が合意したことを受けて、夏の参院選からインターネット上のホームページやブログを使った選挙活動が可能となる見通しだ。立候補予定者たちの「ネット戦術」を随時リポートする。

【関連記事】
自民、ネットでボランティア募集 参院選向け
ネット選挙運動、参院選から解禁で最終合意
サイバー選挙戦へ準備着々 ネット業界「解禁」見込みサービス充実
「ネット選挙解禁」反対意見なし 協議スタート
民主党、ネット選挙準備に着手 参院選想定し攻勢へ 動画など充実

会社に行くのが嫌になった……どうすればいいでしょうか?(Business Media 誠)
<布川事件>目撃女性の証言…証拠として提出(毎日新聞)
たちあがれ、片山虎之助氏らの公認発表(産経新聞)
高級バイオリン、安物とすり替え…葉加瀬さん母校(読売新聞)
事業仕分け、競輪の還付など廃止判定 「効果ない事業押しつけ」(産経新聞)
[PR]
by j1ifsnhprj | 2010-05-29 18:09
 前原誠司国土交通相は18日の閣議後会見で、6月からの導入を目指していた、高速道路の新たな上限料金制度の導入を先送りする考えを示した。

 前原氏は「(国会での)審議日程が限られるなか、関連法案が現時点で委員会の審議前。準備のめどが整った無料化社会実験を先行して6月下旬から始める」と説明。そのうえで、新料金の導入時期については「今後の国会の審議状況を踏まえて決めていきたい」とした。現行の普通車休日1000円などの料金制度は当面、維持される。【寺田剛】

【関連ニュース】
前原国交相:「二律背反」と小沢幹事長を批判 高速新料金
高速料金:首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」
高速料金:政府、上限制度見直しを検討へ 小沢氏の指摘で
高速無料化:CO2排出量は減る?増える?…正反対の試算
社説:論調観測 高速料金混迷 政権へのあきらめ投影

<警察庁長官>「弘道会に打撃を」都道府県警に要請(毎日新聞)
自転車かご300万円ひったくり 大阪・吹田(産経新聞)
官房長官の住民面会に抗議、徳之島住民が集会(読売新聞)
参院宮城に民主県連幹部=渡辺氏「勇気ある議員続出を」―みんな(時事通信)
元妻の娘との婚姻届提出=57歳男、離婚翌日勝手に―兵庫(時事通信)
[PR]
by j1ifsnhprj | 2010-05-21 19:32
 6日午前11時5分ごろ、神奈川県平塚市須賀の相模川河口付近で、水上バイクが転覆し、後部座席に乗っていた同県小田原市寿町、無職古株弘子さん(48)が行方不明となった。古株さんは約5時間半後に救出され病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。
 操縦していた夫(49)はすぐに救助され無事だった。周辺は波が高かったといい、県警平塚署が転覆の原因を調べている。 

【関連ニュース】
水上バイク転覆、2人死亡=1人不明、利根川で
山中の河原で男性死亡=別の1人負傷、不明8日
不明自衛官、遺体で発見=転覆ボート下海底で

終盤国会、対立激化…与党、法案処理に遅れ(読売新聞)
<静岡死体遺棄>遺体の女性は窒息死の疑い 殺人の可能性(毎日新聞)
ニセ死亡診断書で日本生命から保険料3600万円詐取 容疑の元夫婦ら逮捕(産経新聞)
<GW>Uターンラッシュがピーク 5日まで(毎日新聞)
東京都心で震度3(時事通信)
[PR]
by j1ifsnhprj | 2010-05-13 13:22