平成13年の教科書問題を契機に始まった日本と韓国の学者、研究者で構成する日韓歴史共同研究委員会(日本側委員長、鳥海靖・東大名誉教授)は23日、第2期の報告書を公表した。古代、中近世、近現代史の分科会加え、今期から教科書小グループが新設され成果が注目されたが、約2年半の研究では韓国側が特に「新しい歴史教科書」を繰り返し批判。日本側には、「まず攻撃ありきで、議論は全くかみ合わなかった」と、韓国側のスタンスへの疑問と批判が強く残った。

 公表された報告書は論文48本と座談会や資料など約2200ページ。近現代史分科会と教科書小グループはテーマ設定で当初から難航、事実上のスタートに半年から1年近くを費やした。岡田克也外相は23日、「近現代史ということになると、かなりシビアな意見の違いがあると思うが、それ以前では共通する部分もある。議論で相互の認識が近づくわけだから、共同研究というのは意味あることだ」と述べたが、実際の研究で認識は平行線に終わった。

 教科書小グループで韓国側は論文8本中7本で日本の教科書批判の主軸に「新しい歴史教科書」(扶桑社)を引用した。たとえば『扶桑社の叙述傾向は侵略戦争の責任者である昭和天皇を平和主義者へと歪曲(わいきょく)』(辛珠柏延世大教授)と根拠を示さない分析内容で、日本側の不評を買った。

 日本の教科書検定制度の特徴についても、韓国側研究者は『戦前の軍国主義の時期の遺制』『天皇制国家の時期に形成された慣行の延長』(李讚煕韓国教育開発院碩座研究員)などと論評。日本側は批評文で「学問的な説明とはいえない」(山室建徳帝京大准教授)と一蹴(いっしゅう)した。

 第1期(平成14〜17年)の近現代分科会は、韓国側が「日韓併合条約の不法性」を主張し激論となったが、今期は日本側が昭和20年以降に光を当て、「映像」「漫画」「女性」などの切り口を提案した。だが、韓国側はこれらのテーマにも「日本の文化侵略」や「慰安婦問題」といった従来の姿勢を崩さなかった。

 日韓の歴史問題の“ガス抜き”をねらった外交上の副産物だった共同研究だが、国旗を背負った韓国側研究者はかたくなで、この枠組みでの研究継続には日本側委員からは見直すべきだとの声が聞かれる。

【関連記事】
中国、共同歴史研究の“成果”を誇示
日本が侵略認めると強調 中国紙、歴史研究で
日本の“歴史外交”に乱れ オール・ジャパンはないのか
日韓“新宣言”どう調整 岡田外相が初訪韓
日教組教研、朝鮮人虐殺で根拠ない「6600人」

池谷氏当選なら3度目結婚も(スポーツ報知)
高校無償化法案が審議入り=4月から施行へ−参院(時事通信)
干潟でタコ掘り漁=熊本県荒尾市〔地域〕(時事通信)
全日本プロレスの西村が国民新党から参院選出馬へ(スポーツ報知)
高支持率「みんな」強気、参院選に積極擁立へ(読売新聞)
[PR]
# by j1ifsnhprj | 2010-03-24 05:13
 「JICA(国際協力機構)地球の広場」(東京都渋谷区)で、大地震などの被災地で生きる子どもたちの笑顔を集めた写真展「MERRY GO ROUND−世界に笑顔を、災害を乗り越えて」が開かれている。

 撮影したのはアートディレクターの水谷孝次さん(59)。中国・四川大地震やインドネシア・スマトラ沖大地震の被災地、阪神大震災後の神戸などで撮影した子どもたちの写真が傘や壁一面に展示されている。

 99年から世界の子どもたちの笑顔を撮影し続けている水谷さんは「現実を乗り越えて生きる子どもたちの笑顔には何事にも打ち勝つ強さがある」と話している。入場無料、21日まで。問い合わせは水谷さんの事務所(03・3478・1931)。【小林努】

【関連ニュース】
新潟市美術館:市長が文化庁訪問 国宝展示に理解求める
新潟市美術館:文化庁方針に市長不満 仏像展示問題
掘り出しニュース:ヴェネチア仮面祭 箱根の美術館で31日まで
黒川文雄のサブカル黙示録:独玩具展示会で感じた中国パワーの台頭
新潟市美術館:カビ・クモ発生問題 国宝展示、断念へ

危険な?ぬいぐるみ…爆発物処理班が出動(読売新聞)
首相、政治の信頼回復後に消費税論議 増税なら社会保障目的税 参院予算委で(産経新聞)
防じんマスク着用させず=労基署が同志社大に是正勧告(時事通信)
子ども手当と高校無償化の両法案 「12日に衆院通過を」 民主・山岡氏(産経新聞)
長堀鶴見緑地線ストップ ポイント故障 通勤客ら5.7万人影響(産経新聞)
[PR]
# by j1ifsnhprj | 2010-03-19 15:56
 15日午後3時10分ごろ、奈良県斑鳩町の法隆寺で、巡回していた男性職員が、国の重要文化財「法隆寺東院大垣」の瓦1枚が破損して溝に落ちているのを見つけ、県警西和署に通報した。同署が詳しい原因を調べている。
 同署によると、東院大垣は上に瓦が乗った土塀で、高さは約3.8メートル。破損した瓦は直径約14センチの円形で真っ二つに割れ、西側の町道横にある溝に落ちていたという。 

<札幌7人焼死>介護中に出火か 2人の身元確認(毎日新聞)
景気動向を注視=平野官房長官(時事通信)
ガラス割れ、バンパーは外れていた…暴走トラックは向かって来た (産経新聞)
日弁連会長選 再投票で宇都宮氏当選(毎日新聞)
慶大、囲碁で単位OK 4月から私大初 梅沢五段、講師に(産経新聞)
[PR]
# by j1ifsnhprj | 2010-03-18 02:46
 新潟県の佐渡トキ保護センターで放鳥に向け訓練中のトキがテンに襲われた問題で、環境省は12日、被害に遭ったケージで新たに142カ所のすき間が見つかったと発表した。金網が届いていないなど、最初からすき間がある構造になっていたという。設計段階から問題があったとみられ、確認されたこうしたすき間は、ケージ全体で204カ所となった。 

<民主>子どもの貧困解決へ 有志が議員の会(毎日新聞)
「コリラックマ」PC、ビックとソフマップ各店でも販売
六ケ所村 高レベル放射性廃棄物、英から初搬入(毎日新聞)
<覚せい剤所持容疑>「JAYWALK」のボーカリスト逮捕(毎日新聞)
「のぞきたかった」と供述 早大生、女子トイレに侵入の現行犯で逮捕(産経新聞)
[PR]
# by j1ifsnhprj | 2010-03-16 18:35
 7日午前5時50分ごろ、東京都日野市落川の市道丁字路で、近くに住む無職、相田栄一さん(65)が路上で倒れているのを通行人の男性が見つけ、近くの交番に届け出た。相田さんは病院に運ばれたが、全身を強く打ち、約6時間半後に死亡した。

 警視庁日野署は相田さんが車両にはねられた形跡があることや車の部品が落ちていたことから、ひき逃げ事件とみて道交法違反(ひき逃げ)の疑いで捜査している。

 同署によると、近くの住民が午前5時半ごろに「ドン」という大きな音を聞いているという。

【関連記事】
ひき逃げ容疑で逮捕したら…別の事件も発覚
死亡ひき逃げ容疑でタクシー運転手を逮捕 容疑は否認 大阪府警
【今、何が問題なのか】監視カメラの残酷
死亡ひき逃げに適用少ない殺人罪 摘発160件も送検ゼロ
車3キロ引きずり元ホスト、殺意を否定 初公判でメモ読み謝罪
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

池谷氏「当選しないと、やりたいことはできない」民主党公認(スポーツ報知)
【新・関西笑談】みんぱくのアンデス博士(1)国立民族学博物館教授・関雄二さん(産経新聞)
社民「国外」国民新「シュワブ陸上」移設案提示(読売新聞)
愛子さまご欠席 野村一成東宮大夫の会見一問一答(上)(産経新聞)
非核三原則、見直さず=鳩山首相(時事通信)
[PR]
# by j1ifsnhprj | 2010-03-12 00:03